胸が大きくなるツボを指圧してバストアップ

指圧するとバストアップに効果がある場所

胸を大きくするには、土台となる脂肪を増やしてあげる事が必要です。ただし、脂肪だけが増えても太ってしまう可能性が高くなります。

彼氏効果で胸が大きくなる?

スマートな体型を維持したままバストアップするには、乳腺も一緒に発達させなければなりません。その乳腺は、女性ホルモンによって発達します。つまり、胸だけを大きくするには、女性ホルモンの分泌を促してあげる必要があるわけです。

そんな女性ホルモンの分泌を促したり、乳腺が発達したり、お肌が綺麗になったりするツボを紹介します。

女性ホルモンの活動を活発化してくれるのが、だん中です。場所は、左右の乳首を結んだ線のちょうど真ん中にあり、指で軽く押さえてみて、ちょっと痛いと感じる所がだん中です。ここに指をあて、ゆっくりと強めに3秒間押します。そして 力をゆっくりと抜きながら、そっと指を離します。 これを5回続けます。

乳腺を発達させる場所としては、乳首と同じ横ラインの高さにあり、左右両側のに1つずつあります。 骨と骨の間にあり、押すとちょっと痛いところにある天溪(てんけい)があります。押し方は、親指を使って、左右の乳房を持ち上げるようにして、天渓から内側に向かって押しましょう。 両指で左右のツボを同時に、ゆっくり指圧するのがポイントです。

お肌にハリを与え、血行を良くする効果がある場所が渕腋(えんえき)です。乳首から、だいたい10センチ位外側の脇の下にあります。 軽く押して、少し痛みを感じる場所にあります。押し方は、 ゆっくりと、親指で両方同時に押します。 ちょっと痛いですが、指圧した後は少し気持ち良いと感じる場所です。

女性ホルモンやリンパ節の流れを良くしてくれる場所が乳根(にゅうこん)です。ある場所は、乳頭から、指2本分ぐらい真下の、第五肋骨間にあります。押し方は、指で3秒押し、ゆっくり離すというの動作を数回繰り返します。

ツボを押す時の注意点

指圧をする時には、体をなるべく温めて新陳代謝を高めてから行うとより効果的です。体が火照っているお風呂上がりや寝る前のリラックスタイムなどが最適な時間と言えます。指圧する時は、1回3秒〜5秒ぐらいを 3回〜5回程度にしましょう。また押す時は、息を吐きながら押して、息を吸いながら手を離す事を心がけましょう。

注意したいのが、指圧した事で逆効果になってしまう事も考えられるので、妊娠中や体調が悪い時、食後や飲酒をした後は指圧しないようにしましょう。自分のペースで少しずつ毎日行うのがポイントです。