胸を大きくする方法とは

バストアップのやり方

最近ではさまざまなバストアップ方法が登場しており、どのような方法を実践したら良いのか迷ってしまうかもしれません。まずは普段の生活習慣から見直していくと良いでしょう。バストアップと睡眠には関係がないと考えている人もいるかもしれませんが、眠っている間に分泌される成長ホルモンによってバストは大きくなります。成長ホルモンの分泌は夜10時〜深夜2時に最も多くなると言われており、睡眠を取る時間帯によってホルモンの分泌量が変わってきます。なかなか早く眠れないという人もいるかもしれませんが、バストアップのためには早めに就寝した方が良いでしょう。寝る時にはブラジャーを外しているという人が多いと言われています。しかし、ブラジャーをしていないと皮膚が伸びきってしまい、バストが垂れてしまう原因になります。そこで綺麗な胸を手に入れたいという場合、寝ている時でもしっかりとブラジャーをつけるようにしましょう。バストを大きくしたい時には食生活も大切です。肉や魚などに含まれるタンパク質はバストアップに有効なのですが、食べ過ぎると肥満になってしまうこともあるので注意しましょう。栄養バランスの取れたヘルシーな食生活が効果的であり、肉などの動物性タンパク質だけでなく、大豆製品などの植物性タンパク質や野菜なども多く摂取することが大切です。

筋肉を鍛えるトレーニング

また、筋肉を鍛えるトレーニングをすることにより、成長ホルモンの分泌が活発になります。成長ホルモンが分泌されないとバストは大きくなりません。

胸は揉むと大きくなるのか

トレーニングではバスト全体を支える土台でもある大胸筋をしっかり鍛えることになるのですが、腕立て伏せが最も効果的な方法となっています。バストの土台である大胸筋を鍛えることでハリのあるバストを手に入れることができるでしょう。また、深呼吸をすることでバストに良い効果を期待できることもあります。バストはハリがあるだけで大きく見えますし、バストが垂れて悩んでいる人などにもおすすめです。できるだけ胸に近いところで両手を合わせるのですが、なるべく大胸筋に働きかけるように力を込めます。この時にゆっくりと呼吸をしていくというものであり、自宅でも外出先でも手軽に行うことができます。ウォーキングはダイエット効果を期待できるのですが、バストアップ効果も期待できるとされています。ウォーキングを行う際にはしっかりと背筋を伸ばしましょう。

胸を大きくする方法と口コミ