胸は揉むと大きくなるのか

胸を大きくする揉み方。

女性の胸は、90%が脂肪で10%が乳腺でできています。まずは乳腺を発達させることが大事です。

胸を大きくする方法とは

乳腺を発達させることで乳腺を発達しようとして脂肪がつきます。

生理時には女性ホルモンの働きで胸大きくなる

バストというのは元々脂肪の固まりですので、脂肪を増やすことでバストは大きくなるのです。しかし、ただ太ればいというわけではありません。バストはダイエットすると一番落ちていきますので、ただ太って脂肪をつけるというのは痩せればまた小さくなりますし、バストサイズというのはトップとアンダーの差になりますので、大きくなってもバストサイズがあがるものではありません。乳腺を発達させる為にはどうしたらいいかというと、揉んで刺激を与え、女性ホルモンを分泌することです。女性ホルモンの分泌が目的ですので、自分で揉むよりも、旦那さんや彼氏など、好きな人にやってもらうことが一番です。自分でやると、性的興奮による、女性ホルモン活性化が弱くなる為意味がなくなります。好きな人に触ってもらうことでドキドキし、女性ホルモンが活発化するのです。わざわざ揉んでもらわなくても、手を繋いだりするだけでも女性ホルモンは活発化されますので効果はあります。バストを見られるのも恥ずかしい、という人などは、好きな人と、どこか身体が触れ合うだけでもいいかもしれません。しかし、揉み方が悪いと形が崩れてしましますし、痛みなどのストレスで女性ホルモンの分泌が薄れて、脂肪が燃焼され、逆に小さくなってしまいますで注意しまししょう。

サイズアップした胸をキープするためには。

揉んで大きくなったバストをキープするためには筋肉が必要です。女性ホルモンの分泌により大きくなった胸はあまりもちません。大きさをキープさせるためには、筋肉が必要です。

彼氏効果で胸が大きくなる?

キープに必要な筋肉は、大胸筋です。そもそも大胸筋を鍛えるだけでバストアップすると言われていますので、バストアップには必要不可欠な筋肉になります。この筋肉は、土台になる重要な筋肉になりますので日常的に鍛えることが重要です。また、同時に行った方がいいのはマッサージです。マッサージを行うことで血行がよくなり、栄養素がバストに行き届くようになります。そこまでやったら、バストキープに必要なクーパー靭帯が伸び、形崩れや将来的に垂れてしまう可能性がある為、サイズのあった下着をつけ、しっかり固定することもとても重要なことになります。